アーユルヴェーダ ハーブ

スリランカのアーユルヴェーダで

使われる、スパイスは

 

 

特に消化を良くするためのスパイスを

たくさん使用します。

 

 

それは、未消化物(アーマ)が

体に蓄積されると、毒素となり

 

 

健康を阻害すると言われるからなのです。

 

 

トゥナパパ

 

スリランカのアーユルヴェーダ料理に

よく使われる、ミックススパイスのこと。

(インドにおける、ガラムマサラのようなもの)

 

各家庭によって、様々な調合法や

種類があります。

 

 

トゥナパパによく配合される

スパイス

 

 

・フェンネルシード

爽やかな甘い香りで消化促進や口臭予防効果があります

 

 

・カルダモン 甘く高貴なスパイスの女王とよばれ、

消臭効果や消化の働きをサポートしてくれます

 

 

・コリアンダー

苦味と爽やかな風味。肉の臭み消しにも。葉はパクチーとして

日本でも人気が出てきた。消化を助けてくれる。

 

 

 

・マスタードシード

 

スリランカでは、マスタードクリームという名でも売っています。

 

 

・シナモン

 

細く巻いたタイプが、セイロンシナモンです

 

 

・クミンシード

 

特有の香りとほろ苦さがあり、食欲増進に良いです

 

 

・クローブ

 

日本名で”丁子” 癖のある香りとほろ苦さがあります。これも

食欲増進に良いです

 

 

・フェヌグリーク 

 

マメ科の植物種子で メープルに似た甘い香りと苦味

 

 

・ナツメグ

 

ニクズクの種子 肉の臭み消しや香りづけ

 

 

・ブラックペッパー

 

香りと辛味が強く、食欲促進dどんな食材にもあいやすい

 

 

・ターメリック

 

日本では”ウコン”として有名。色付け、スパイス全体をうまくまとめる

抗菌作用、肝臓や胃の働きを強める

 

 

・赤唐辛子

 

辛味付のスパイスとして最もよく使われ、新陳代謝や

体を温めて、発汗作用もある 

 

 

ハーブは食欲増進、消化促進によいと言われています。

 

 

・カレーリーフ

スリランカの言葉で ”カラピンチャ”とよばれ、

スリランカのお料理には欠かせない、香りづけの重要なハーブです

 

 

・ランペ(パンダンリーフ)

カレーリーフと共に、香りづけの重要なハーブです 

 

 

・レモングラス

 

 

・ジンジャー

 

 

・ゴトゥラ

 

日本にもある、”ツボクサ” で脳に良いとされ

アーユルヴェーダには欠かせないハーブです。

若返りにもよいのだとか。

 

 

・ゴラカ

 

酸味の強い果実を干して乾燥させたもの。

 

 

・タマリンド

 

マメ科の黒い植物の実で、酸味づけに使う