アーユルヴェーダ式 理想の1日

アーユルヴェーダ アーユルヴェーダ とは アーユルヴェーダ マッサージ アーユルヴェーダ オイル アーユルヴェーダ 食事 アーユルヴェーダ 石鹸 アーユルヴェーダ 資格 アーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ 白湯 スリランカ 占い ホロスコープ 無料 スリランカ 占い 有名 スリランカ 占い 値段 スリランカ 占い 当たる スリランカ 占い 占い師 スリランカ 占い ホロスコープ スリランカ 占い 無料 スリランカ 占い ツアー スリランカ 占星術 無料 スリランカ 占星術 ツアー あたる予約

 

 

ここでは、アーユルヴェーダ式の

理想的な1日の過ごし方をご紹介いたします

 

 

・できるだけ早めに起きる(理想は日の出前)

朝の生命力が体内に浸透し、

エネルギッシュで良い1日を過ごせます

 

 

・口を軽く水ですすぎ、

スプーン一杯のセサミオイルかココナッツオイルを口に含み、

オイルで口内を洗浄(オイルプリング)を行う

 

20分間が理想ですが、慣れるまでは短い時間でも。

 

オイルプリングは、スリランカのアーユルヴェーダに

欠かせない、昔からあるデトックス法です。

 

・虫歯、歯周病予防

・風邪や喘息の予防

・アレルギーの軽減

・毒素の除去

・歯の美白

・免疫力アップ

 

・塩が少し入ったぬるま湯で口をすすぎ、塩で軽く歯を磨く

 

・舌にこびりついた舌ゴケを優しく除去する

(最近はドラッグストア等で舌磨きが売っています)

 

※歯と舌磨きは、できるだけ10:00までに行うのが良いです。

 

・10分以上沸騰させたお白湯をコップ一杯すするようにして飲む

お白湯は、スリランカのアーユルヴェーダには

欠かせない飲み物で、エネルギーチャージをし

活力を湧き立たせてくれます。

 

味覚も研ぎ澄まされ、健康や体調のバロメーターに。

 

・体が重く、むくみがある人は昆布水をオススメします

夜寝る前に、お出し汁に使う昆布を軽く拭いて細かく切り

お水につけておき、朝、そのまま飲みます。

 

飲みにくいときは少しお茶を加えたりするのも。

 

利尿作用でむくみが取れるばかりか、デトックスに良いです。

昆布は、ポン酢などでサラダにして頂くのも良いですね。

 

・排泄を行う(便秘がちな人は、お白湯を定期的に飲むと改善しやすいです)

排泄も、できるだけ10:00までには済ませましょう。

 

・お通じがスムーズでないときは

 

冬はお白湯、夏はお水に レモンとライムをぎゅっと絞って

飲んでみてください。(柑橘類はできるだけオーガニックのものを。)

 

・ヨガやストレッチをして、筋肉をほぐし血行を良くする。

毒素や不純物を出してからがオススメです。

この時点では、まだ激しい運動はしないこと。

心臓に負担がかかってしまいます。

  

・軽くシャワーを浴び、オイルマッサージを行う

時間のない方は、夜でもOK

 

・朝ごはんは、軽めで消化の良いものを摂る

野菜スープやおかゆが体に負担をかけずに良いです。

前日、食べ過ぎて体が重い方、食欲がない方は

無理に摂らなくても良いでしょう。

 

生野菜サラダや、コーヒーは

体を芯から冷やしてしまいますので、

冷え性の方は特に気を付けてください。

 

朝ごはんで、フルーツを頂く方が

多いと思いますが、フルーツは特に気を付けたい

食べ物です。

 

なぜなら、酵素がたくさん含まれているため

他の食品との食べ合わせがとても悪いからです。

 

フルーツを頂くなら、必ず一種類で

しかも、他の食品とは一緒に頂かないでください。

 

特に、ヨーグルトなどの乳製品とは相性が悪いです。

(日本ではフルーツヨーグルトがたくさん売られていますが

アーユルヴェーダ的に言えば、あまりよくありません。

 

・朝ごはんを頂いて体を少し休めてから、

ウォーキングなどの軽い運動をする

 

・ウォーミングアップアップしてから、汗をかくほどの運動をする

 (体に負担をかけたり、日焼けのしすぎには要注意)

 

 

  


アーユルヴェーダ アーユルベーダ スリランカアーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ スリランカ アーユルベーダ スリランカ占星術 スリランカ スリランカ占い スリランカ占い 無料 スリランカ ホロスコープ スリランカ 星占い スリランカ 占い 宝石 スリランカ 星占い 宝石 スリランカ宝石 スリランカ パワーストーン スリランカ アーユルヴェーダ ツアー スリランカ アーユルヴェーダ おすすめ スリランカ アーユルヴェーダ 施設 スリランカ アーユルヴェーダ リゾート スリランカ アーユルヴェーダ

 

 

・ランチは11:00〜13:00ごろが良い

 

スリランカのアーユルヴェーダでは、

朝と夜は軽めの食事で、お昼のみ少し多めに

頂いても良いとされています。

 

お昼が一番、消化に良い時間帯だからです。

好きなものを頂くなら、お昼が良いでしょう。

 

・お昼の15:00以降は、カフェインを摂取しない

 

夜の寝つきが悪い、朝の寝起きが悪い、

睡眠の質が悪い方は、カフェインの摂りすぎが

原因となっている場合もありますので、

 

できるだけ15:00以降は、コーヒー、紅茶、緑茶など控えめにし、

お白湯、ハーブティー、ルイボスティーなど

カフェインレスのものを頂くように致しましょう。

 

・昼寝はしない方が良い

 

他の健康法によっては、昼寝は良いとされることもありますが

アーユルヴェーダは、お昼寝はあまりよくないとされています。

特に、ランチを頂いた後の昼寝は厳禁です。

 

食べた後に寝てしまうと、食べた物を消化できないからです。

 

食べたものが消化されるまでは2時間以上かかります。

 

寝てしまうと消化に悪く、未消化物がたくさん出てしまい

これが体の毒素となってしまうからです。

 

その間、胃酸もたくさん分泌されますから、

食べた後に寝ると、胃酸が上がってくる可能性もあります。

 

 

 

 

 

・20:00時までに夕食をすませ、それ以降は食べ物を口にしない

20:00以降は体の消化能力が弱まってしまうからです。

 

 

・全身疲労、汗をかきにくい、強い冷え性、むくみが強い、だるい

という方は、”ガルシャナ”という乾布摩擦を行うと良いでしょう。

 

肌に負担をかけない、絹か木綿の手袋またはタオルで行ってください。

 

 

・お風呂に入る前に、”アヴィヤンガ”というオイルで

全身をマッサージをすると良いでしょう。

 

 

ご家庭でも手に入りやすいのは、”太白ゴマ油”

購入された際に、100度で2〜3分加熱していただき、

 

殺菌された清潔な密封ビンなどで保管し、使う際は

湯煎で適量を人肌に温めてから使うと良いでしょう。

 

・ヘッドマッサージ

・フェイスマッサージ

・全身マッサージ

 

マッサージの仕方は色々ありますが、ご家庭でして頂く場合は

”気持ちよさ”を重視し行ってください。

 

※※セサミオイルは、ゴマアレルギーや食品アレルギーをお持ちの方は

十分気をつけてください。

 

・暖かいお湯にゆっくり浸かる

 

※※アヴィヤンガを行なった方は、肌についたオイルを

一度乾いたタオルで拭い、泡だてた石鹸で洗い流してから、

湯船に浸かると良いでしょう。

 

 

・瞑想で心を整える

 

・22:00までに寝る

 

最も良い睡眠が取れるゴールデンタイムは、

22:00〜2:00の間とされています。

 

この間はたくさんの成長ホルモンが分泌され

美容やリラックスにも良いので、できるだけこの間に

寝ることをオススメしています。

 

しかし、忙しい現代人はなかなかこの間に

寝ることができない人が多いです。

 

少なくとも、00:00までには寝るように心がけましょう。

  


アーユルヴェーダ アーユルベーダ スリランカアーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ スリランカ アーユルベーダ スリランカ占星術 スリランカ スリランカ占い スリランカ占い 無料 スリランカ ホロスコープ スリランカ 星占い スリランカ 占い 宝石 スリランカ 星占い 宝石 スリランカ宝石 スリランカ パワーストーン スリランカ アーユルヴェーダ ツアー スリランカ アーユルヴェーダ おすすめ スリランカ アーユルヴェーダ 施設 スリランカ アーユルヴェーダ リゾート スリランカ アーユルヴェーダ

その他

 

・砂糖を避ける

 

・揚げ物やアルコールを避ける

 

・良質の塩に変え、控えめに摂る(例えば岩塩など)

  

・甲殻類(エビ・カニ)を避ける

 

・冷たいものは体にとりいれない

 

・早寝早起きを心がける 

 

・瞑想をする

 

瞑想は心のデトックスに最適と言われます。

 

朝起きたとき、もしくは夜寝る前に

 

10分ほど静かに目を閉じるだけでできる

簡単なデトックス法です。

 

慣れないうちは、もちろん動いても構いません。

 

何か簡単なポジティブな言葉を唱えながら

行うのも良いでしょう。

 

食事・運動・入浴の前後は避けて行いましょう。

 

 

アーユルヴェーダ式の

理想の1日を過ごすようになると

 

・便秘

 

・寝つきが悪い、不眠症

 

・寝起きが悪い

 

・落ち込み

 

・無気力感

 

・冷え性

 

・むくみ

 

・風邪

 

・アレルギー

 

・花粉症

 

これらの予防や改善が期待されると言われます

(効果を保証するものではありません)