アーユルヴェーダとは

 

 

 

スリランカのアーユルヴェーダは 

 

 

サンスクリット語で

”生きる知恵”という意味をもち、

 

西洋医学が始まる前から、

心身のエネルギーバランスを保ち

 

人々の自然治癒力を高め、

 

 

免疫力をつけて病気になりにくい

健康な体を維持できる、伝統医学として

 

古代より、人々を守ってきました。

 

 

・生命そのものを科学する医学知識や医療技術

 

・生活の知恵や心理学・生命科学・人生哲学・

 

・現代医学・食事法・スピリチュアル

 

 

これら全てを含めた実践的な総合的生活医学です。

 

 

健康で皆が幸せになれるような生きる方法を、

広い範囲に渡って実践的に教われることから、

 

世界中からとても注目されています。

 

 

始まりは、5000年前のヒマラヤの山奥で

”リシ”と呼ばれる学者たちが集まり、

 

 

・人々を苦しめる病気にどう対処したらよいか

・健康的で幸せな人生を送るにはどうしたらよいか

 

 

互いに知恵を出しあい、 

長年の研究した智慧・結果の集大成が

 

 

”アーユルヴェーダ”なのです。 

 

 

西洋医学は”健康” ”病気”と2つの面でとらえ、

病気になった時、部分的に対処します。

 

 

もちろん、病気を発見し

治療することも大切ですが

 

 

アーユルヴェーダでは

”健康” ”蓄積” ”憎悪” ”拡散” ”前触れ ”発症 ”慢性” 

 

 

と細かく分け、

 

 

普段の生活から

病気を発症させない身体つくりを大切にします。

 

 

また、肉体・精神と

心身の健康を重視し、

 

普段から自分の体質にあった

食べ物や飲み物を意識的に取りいれ、

 

十分な睡眠と適度な運動を心掛けます。

 

 

アーユルヴェーダでは、

心身ともに穏やかで健やかな状態を

目指しているのです。

 

人生に起きるリスクを、最大限に減らす。

 

これは、スリランカ占星術の考えと

呼応している、

 

”生きる礎(いしずえ)”なのです。