アッマーの知恵袋

アーユルヴェーダ アーユルヴェーダ とは アーユルヴェーダ マッサージ アーユルヴェーダ オイル アーユルヴェーダ 食事 アーユルヴェーダ 石鹸 アーユルヴェーダ 資格 アーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ 白湯 スリランカ 占い ホロスコープ 無料 スリランカ 占い 有名 スリランカ 占い 値段 スリランカ 占い 当たる スリランカ 占い 占い師 スリランカ 占い ホロスコープ スリランカ 占い 無料 スリランカ 占い ツアー スリランカ 占星術 無料 スリランカ 占星術 ツアー あたる予約

スリランカのアーユルヴェーダは

いわば ”家庭でできる予防医学”です。

 

スリランカでは、お母さんのことを

”アッマー” と呼びます。

 

スリランカのお母さんたちは、

昔から家族を守るために

 

アーユルヴェーダーの智慧を

生活のあらゆる所で生かしてきました。

 

毎日の食事にしてもそう。

 

家族の健康や体調を第一に考えた

愛情たっぷりの、アッマーの食事こそ

 

最高の”お薬”になるのではないでしょうか。

 

そんな、愛情たっぷりの

優しい”アッマー”の知恵で

 

ココロやカラダのお悩みを解決していきましょう。

 

 

風邪のひきはじめ

 

身体がなんとなく重い、もしかしたら風邪を

ひいてしまった・・・と思ったら

 

早めの対処が必要です。

 

できるだけ早めに帰宅し、

 

太白ゴマ油でオイルプリング

 

体内の細菌を排出しましょう。

 

熱めのお白湯にショウガ汁をしぼり、飲んでください。

 

お風呂で体を芯から暖め、

お粥などの軽めの食事をし

 

できるだけ早めに寝るようにしてください。

 

つぶした、コリアンダーシードと

生姜のみじん切り、

ガーリックを少々合わせたものを

 

お白湯に入れて飲むと、風邪の万能薬となります

 

風邪薬について

 

風邪で熱が出るのは、

体内に入った細菌を退治しようとする、

体の免疫反応なのです。

 

体温が高いと、細菌は働きが悪くなりやがて死滅します。

 

風邪薬は、細菌を退治してくれるのではなく、

 

現れた症状(発熱やくしゃみ、下痢など)を

軽くするだけで、根本的な治療にはなりません。

 

咳やくしゃみ=体内から細菌を追い出す

鼻水や下痢=細菌を洗い流す

 

全て、体のためになることを行なっているのです。

 

アーユルヴェーダでは、

体の妨げになるようなことは行いません。

 

できるだけ自分の治癒能力を活かすのです。

風邪薬も余程の事がない限り飲まない方が

良いのです。

 

 

ノドが痛いとき

 

風邪の時と同様、太白ゴマ油でオイルプリングが

オススメです。

 

熱めのお白湯にショウガ汁と生ハチミツを入れて飲むのも

よいでしょう。

 

 

咳が出る

 

太白ゴマ油でオイルプリングをマメに行ってください。

絶対に身体を冷やさないようにすること、

唐辛子などの刺激物は控えるようにしてください。

 

 

鼻水・鼻づまり

 

砂糖や塩のとりすぎ、冷えに注意してください。

定期的にお白湯を飲むよう心掛けてください。

  


アーユルヴェーダ アーユルベーダ スリランカアーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ スリランカ アーユルベーダ スリランカ占星術 スリランカ スリランカ占い スリランカ占い 無料 スリランカ ホロスコープ スリランカ 星占い スリランカ 占い 宝石 スリランカ 星占い 宝石 スリランカ宝石 スリランカ パワーストーン スリランカ アーユルヴェーダ ツアー スリランカ アーユルヴェーダ おすすめ スリランカ アーユルヴェーダ 施設 スリランカ アーユルヴェーダ リゾート スリランカ アーユルヴェーダ

冷え性

 

体内に、毒素が溜まっている可能性があります。

 

また、体を冷やす食べ物を避けてください。

(南国でとれるものや夏野菜などです。)

 

体を暖める食べ物を積極的にとりましょう。

・冬が旬のもの

・根菜類

・色が濃い目の野菜

 

朝は必ず舌を磨き未消化物を取り除いてください。

 

絹か木綿の手袋またはタオルで

乾布摩擦を行うのもよいです。

 

乾布摩擦のあと、全身をオイルマッサージすると

老廃物や毒素が排出されるだけでなく、

血行もよくなります。

 

  

つらい生理痛

 

女性にとって、生理痛はとてもつらいですね。

 

生理期間はできるだけ無理をせず

できるだけ外出を控えるか

早めに帰宅し

 

生姜が入った暖かいお白湯を飲んで

足湯か下半身浴などして体を暖め

 

夜ご飯は消化の良いものを少なめに取り

できるだけ早めに就寝しましょう

 

生理期間中はとても疲れやすいので

ガーリックなどを積極的に摂るとよいです。

 

 

むくみ

 

水分か塩分の取りすぎで

体内に余分な水分が溜まっている可能性があります。

 

下半身の冷えに注意しましょう。

特に、足首などを冷やさないように。

 

朝は必ず熱めのお白湯を飲むか、

一晩つけた、昆布水を飲んでください。

 

余分な水分を排出する、利尿作用があります。

 

冷え性と同様、乾布摩擦とオイルマッサージを行ってください。

 

温めても、マッサージしても良くならない場合は

肝臓・腎臓・心臓が弱っている可能性もありますので

 

専門家の診察を受けるようにしてください。

 

 

便秘

 

朝起きた時に、口内をキレイにした後、熱めのお白湯を飲む。

 

下腹部・足の裏・手のひらを優しくオイルでマッサージする

 

体を暖め、決まった時間に食事をしたり、

お手洗いに行って座るよう心がけてください。

 

定期的に運動をするようにしてください。

 

 

下痢

 

急な下痢は、体内に入った細菌を洗い流す作用

(食中毒や、何らかの病原菌が入った恐れがあります)ので、

 

食事を控え、お白湯で水分を補給してください。

 

慢性的な下痢は、精神的なストレスが原因のことも多いです。

 

体を絶対に冷やさず、冷たいものや刺激物、アルコールは避けてください。

 

 


アーユルヴェーダ アーユルベーダ スリランカアーユルヴェーダ スリランカ アーユルヴェーダ スリランカ アーユルベーダ スリランカ占星術 スリランカ スリランカ占い スリランカ占い 無料 スリランカ ホロスコープ スリランカ 星占い スリランカ 占い 宝石 スリランカ 星占い 宝石 スリランカ宝石 スリランカ パワーストーン スリランカ アーユルヴェーダ ツアー スリランカ アーユルヴェーダ おすすめ スリランカ アーユルヴェーダ 施設 スリランカ アーユルヴェーダ リゾート スリランカ アーユルヴェーダ

アレルギー、湿疹

 

甘いもの、塩辛いもの、冷たいものを控えてください。

 

 

アトピー

 

アトピー性皮膚炎は、水のエネルギー(カパ)が

増えた時に起きやすいとアーユルヴェーダーでは

言われています。

 

また、よくない食べ物を食べて

体内に毒素や不純物が蓄積溜した状態なのかもしれません。

 

・加工食品

・食品添加物

・汚染食品

・農薬 など

 

できるだけ自然な食事を心がけるようにしましょう。

 

また、熱いお風呂や直射日光も

症状を悪化させてしまいます。

 

乳幼児には、できるだけ母乳を与えるように

いたしましょう。大切な免疫成分が含まれているからです。

 

 

頭痛には

 

スパイスが入った紅茶を飲むとよいでしょう。